昭和の音楽を愛ス!
barcabiria.exblog.jp

最近の音楽はなんて言っているかわからん!なんて感じ始めた俺からの昭和音楽へのラブコール
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
温めて飲む果実酒
やっぱりお酒で身体を温める!これがオヤジ流
熱燗も良いのだが「果実酒」でお洒落&ヘルシーに

第1位 ニッキ酒
いきなり果実ではないのだが、とにかくイイのだ特に冬場
ちなみに、夏のクソ暑い時はギンギンに冷えたロックもイイ




  
 
ニッキ酒の作り方は俺流なのでいわゆる適当!
 ホワイトリカー1パック(だいたい1.8㍑かな)
 氷砂糖1パック(氷砂糖の料はお好み)
 ニッキ1束(ニッキは多めに入れてもオッケー、肉桂のこと)
みての通り材料が余るともったいないので、全部入れる!ということ
材料の中で入手が難しいのが「肉桂」である
昔は裏山などによく生えていて、ガキ大将に頼むと山のように取ってきてくれた
田舎の縁日などで細い根っこを束にして売っている光景も懐かしい昭和の風景なのかも
楽天でも売ってないとは・・・
ちなみに、シナモンと肉桂は似てるけど成分が違うらしい
でも、シナモンで作っても美味しい様な気もするが、俺は試してないので試した方は教えてちょうだい

作り方
 1.ニッキは土やゴミを落として軽く水洗い
 2.ニッキは漬けた時に全てホワイトリカーに浸かる大きさにカットする
 3.瓶などを消毒する
 4.全ての材料を瓶に入れる
 5.だいたい1週間くらいでニッキを瓶から取り出す(長く漬けると雑味が増える)
 6.できあがり

ニッキの入手以外は超簡単、ロックで飲んでも美味しいが、冬場は断然お湯割りがおすすめ
温めたグラスにニッキ酒を入れお湯を注ぐ!(俺的には5:5がおすすめ)
俺の店では締めの一杯で飲むお客さんが多い、お店から寒い街中に出る準備(なるほど)

ニッキの成分や効能はこんな感じ
東洋医学未病対策研究協会-肉桂(ニッケイ)の薬食辞典

風邪も冷えも大丈夫!私の冬の健康法
[PR]
by ken_xp_2006 | 2006-02-01 17:02 | なんやらかんやら